女が男に体を許す意味とは?あとで後悔しないための重要知識

「結婚を考えている女性としか関係を持たない」と言っていたのにいざ体を許してしまうと、「やっぱり結婚は難しいかもな……」と言い出す男性がいます。

女性はあとになって後悔しないためにも、体を許すことに関しては慎重になる必要があります。

というわけでここでは、

女が男に体を許す意味男の言葉の裏の読み方

について解説します。




女が男に体を許す“意味”とは?

男女関係なく多くの人は、肉体関係を持つことについて、「今時みんなやっている」とか「今時はこんなものらしい」といいったふうに、世間的な通念に流されて考えています。

しかし、価値観や感情はすべて個人的なものです。

みんな同じで通念通りというわけにはいきません。

 

では改めて、女が男に体を許す意味について考えてみましょう。

それは大きく分けて以下の2つです。

①男が長期的なパートーナーにふさわしいか評価する

セックスとは、男の魅力、資源、寛大さ、自分との相性などを知るいい機会です。

ただし女の場合、相手に妻や彼女がいないことが分かってからでないと、なかなか踏み切れません……。

(男にとっては、相手の女にすでに決まったパートナーがいるということは、結婚を迫られたり、面倒くさい要求をされたりする心配がないので、むしろありがたかったりします。)

②自分の市場価値を知る

セックスとは、女が自分の“市場価値”を正しく知る手段です。

自分の価値を低く見積もり過ぎると、本当なら“資源”をたくさん持つ男を捕まえられるのに、低いランクの男で手を打ってしまいます。

反対に、自己評価が高過ぎると、最初は高ランクの男をものにできるかも知れませんが、やがて男は事実に気づいて、自分に見合った女を他に探すようになります。

(男はそういうことがすぐには分かりません。)

 

ちなみに、恋人が出来てもすぐに裏切られる女は、自尊心を回復させるために別の男に体を許します。

言ってみれば、これは、自分の市場価値についてセカンドオピニオンを求めているのです。

態度からその男の“レベル”を見極めよう!

上記2つをごく簡単にまとめると、セックスによって、

⚫︎相手を深く知ることができるし、

⚫︎「この人なら……!」と思える人に体を許すのであれば、あなたの自尊心を高めることができる

ということです。

 

したがって当然、あなたに体を許すことを迫ってくる男の態度でも、その男の“レベル”を推し量ることができます。

けっして「勢い」に流されないようにしてください。

→レベルの高い男が寄ってくる方法

女が男に体を許す意味(番外編)

ついでに番外編として、ちょっと下世話な観点から見た、あと2つの「女が男に体を許す意味」を紹介しておきましょう。

●セックスで利益を得る

「売春婦」は、世界最古の職業とも言われています。

そして現代でも、原始的な狩猟・採集生活を行なっている一部の社会では、女たちは、食べ物や装飾品、タバコを獲得するため、相手を選ばずにセックスをしています。

セックスには、そのように、利益(=物質的な対価)を得るために行うという側面もあります。

●より優秀な遺伝子を残すため

女のパートナー探しの条件として、その男が自分に気前よく“資源”を与えてくれることはもちろんですが、より優秀な遺伝子を持つかどうかもまた重要になります。

優秀な遺伝子を受け継いだ子は、健康で豊かな生活を送れる可能性が高くなるからです。

この欲求が最高潮になるのが、月経周期の真ん中ぐらいに訪れる排卵期で、一番妊娠しやすいこの時期には、“生き残りに有利な遺伝子を持つ男”とセックスしたくなります。

→男はなぜおっぱいが好きなのか?

男の言葉には“裏”がある

あとになって、「なぜあんな人に体を許してしまったんだろう……?」といった後悔をしないためにも、その男が発する言葉をよ〜く吟味する必要があります。

一つ確実に言えるのは、男の言葉をそのまま受け取ってはいけません。

どんなに表面的にはやさしくても、その言葉には必ず“裏”があります。

 

例えば、こんな具合です。↓

 

(表)うちに遊びに来ない?

(裏)僕の部屋でセックスしない?
(表)その服、似合うね!

(裏)君の魅力が増幅されてたまらない。セックスしよう!
表:嘘のない関係でいよう!

(裏)そのほうがいつか浮気がバレた時に開き直れるしね!

 

……こうして見ると馬鹿馬鹿しく思えますが、女は自分がこうしたセリフを言われると真実だと思いがちです。

(表の言葉通りであったほうが嬉しいからです。)

 

また、男からこういう発言を引き出そうともします。

そのため、相手がただの遊び人なのか、理想の夫に相応しい男なのか区別ができなくなってしまうのです……。

男の言葉はこう捉えよう

ですから、こういうふうに考えましょう。

 

私のことを褒めてくれて、気分を良くする言葉をかけてくれた時点で、私の自尊心は満たされ、私の市場価値も分かった。

でも、ここで私が体を許さなければこうした言葉が消えてしまう、というわけでもないわ……。

 

と。

あなたが体を捧げるのは何も、あなたの気持ちを満たしてくれたことに対する“対価”ではありません。

こういう発言が引き出せた時点で、すでにあなたの“自尊心”は満たされ、“市場価値”は掴めたのですから、急いでそれ以上進まなくても、ひとまずホッとしていいはずです。

 

くれぐれも、あとで『後悔の念』『自己嫌悪』に襲われないよう、慎重にコトを進めるようにしましょう。

これから先長い人生をずっと気分良くいるためには、それが大事です。

→実は男女のセックス観はこんなにも違う!

→プロに相談してみる(2,000円分無料)