【電話占い体験談・転職】“掘り出し物”の会社に安心して入社できた!

「電話占い利用前に最低限知っておきたいこと(D.R.S)」にご訪問いただき、ありがとうございます。

ここでは、当サイトに寄せられた

30代女性の『転職に関する悩み』

の「電話占い体験談」をご紹介します。

転職に関する悩み(30代女性)

 

私は普段から、34ヶ月1度、定期的に同じ占い師さんに、電話ではなく、対面鑑定をしてもらっています。

初めて電話占いを利用したのは、そんな私が求職中に、想定していたより早く内定をもらったため、どう返事をしてよいものか迷い、緊急で意見が欲しかった時でした。

入社してから後悔するようなことはしたくなかったので、慎重にいきたかったのです。

いつもお願いしている占い師さんは、電話鑑定もやっており、急でしたが、「なるべく本日中で」と問い合わせたところ、夜なら空いているということで、その日の夜に電話で鑑定してもらえることになりました。

 そこで私が聞いたのは、

「入社したらどうなるか」、
「入社辞退をして、転職活動をつづけたら、いいことがあるのか」

といったことです。

普段通りのタロットと、あと、電話に乗る私の声の「波動」で占ってくださいました。

対面で行う際は、お互いにタロットカードに触れて、シャッフルをしてカードを出していくので、どうやってやるのかなあと思いながら聞いていました。

どうやら電話の場合は、単純に私のターンを省略したバージョンで占うようです。

占い結果の説明についても、いつもと同じ丁寧な口調で聞き取りやすく、思っていた以上に安心してお任せできました。

占い師さん曰く、電話は「声の波動が電波に乗るから相性がいい」とのことで、占うに当たってさほど不便しないのだそうです。

その時言われた内容としては、

「上司はとても親切な人で、会社としてもちゃんとしている。コツコツ頑張らなければいけないが、乗り越えていける」、

「これ以上就職活動を続けても、同等かそれ以下になってしまい、かつ時期的にも来月は悪く、転職にいいのはさらに次の月になる」

といった感じで、総合的にみて、「入社してよし」との答えでした。

私としては、その会社に対し、「もともと志望度が高かったわけではないけれど、合いそうな会社かも知れない」と思っていたのですが、背中を押してもらった形で、安心して入社しました。

電話占いのいいところは、

・場所を移動しないため、交通費がかからず、体も楽
・急な鑑定でも対応してもらえる
・正確さは対面と比べても遜色ない印象
・メモを取りながら鑑定結果を聞ける

ということです。

対面だと、タロット占いでは、カードを直接見ることができるので、そこは少し残念かなと思いますが、占星術や四柱推命などの命術であれば、まったく問題なさそうだと思っています。

ちなみに私は、この時の電話鑑定で、初めてメモを取りながら聞きました。

対面の場合は、いつも何となく聞くだけで、終わってから思い出した部分をノートにつけていたのですが、電話だとその場でメモが取りやすいというのは、意外な発見でした。

もちろん、占いに頼り切っているわけではなく、はっきりと「いやだな、この会社…」と思えば、すぐ辞退しますし、「どうしても入りたい!」という会社であれば、迷わず入社します。

でも、この時は、“掘り出し物”のような会社だったので、少しだけ、後押しが必要だったのです。

対面が難しい状況の時は、電話占いも、とても有効です。

D.R.S管理人よりひとこと

 

D.R.S管理人

声の波動というのは、占いの際、大きな鍵を握っているそうですね。

 

それを知ってから、私も普段から、人の声をよく聴くようにしています。

 

もともとは対面鑑定を希望していながら、急遽、電話鑑定を利用することになったというお話でしたが、その時の様子がよく伝わりました。

 

確かに、「ものは試し」と思い、軽い気持ちで、接触した結果、思いの外、いい風にコトが運んで自分でもびっくり、なんてことありますね。

 

そんな時は、軽い気持ちだったとは言え、おそらく、自分でも気づかないうちに、心のアンテナが“何か”をキャッチしていたのでしょうね。

 

でも、そこに根拠がないから、自分でも進んでいいものか、確信が持てない……、そんな時、占いの後押しは役に立ちますね。

 

メモに関して言えば、確かにそうです。

 

私も仕事柄、インタビューは数多くしてきましたが、メモが取りやすいのは、書記役としてそこにいる時で、直接聞き手をやっている時は、相手の目を見ながらメモも取る、というのは、なかなかできません。

 

(若干失礼な感じがしますし。ですから、後で録音を聞きながら書き起こします。)

 

このたびは、目の付け所がシャープなご感想をお寄せいただき、ありがとうございました。

 

→電話占いってどんな風に使えばいいの?

 

 

 

 

他にもこんな記事があります