「ラブ・ハンター」タイプのあなたの恋愛心理は?

「ラブ・ハンター」タイプのあなたの恋愛心理は?

【あなたの行動の特徴】
なぜか女を弄ぶ男に魅かれる

ラブ・ハンタータイプは、いつも、逃げ腰の男、女を弄ぶ男ばかりに恋をします。

つまり、何らかの形で自分に辛い思いをさせる男性にしか惹かれないタイプです。

この種の女性の多くは、一生同じような追いつ追われつの、煮え切らないラブゲームを続けるハメになります。

 

そんなラブ・ハンターが追いかけるのは、例えば、ティーンエージャーの娘を2人抱えたシングル・ファーザーだとか、結婚はしているけど妻とはもう何年もベッドは別になっている遊び人の男、といった感じです。

 

当然、完全に自分のものにはならないので、自分の時間はたっぷりあり、余った時間で、他の男性ともデートします。しかし、やはり今一つ、熱心にはなれません。

そんな中、本命の彼への彼女への関心は、強まったり、弱まったりを繰り返すでしょう。

「彼ったら、いつもとらえどころがなくて、あまり情熱的じゃないのよね」と、ラブ・ハンターの愚痴はいつもこんな感じ。

 

また、遊び人に魅かれているラブ・ハンターには、友達皆が、「あの人だけはやめなさい」と説得するものの、当の本人は、まったく耳を貸しません。

そんなラブハンターの恋は、いつも、いつの間にか終焉を迎えます。

【恋人に対しては】
相手が逃げ腰になるほど燃える

美しく聡明なラブ・ハンターですが、なぜか自分のことを真に求めてくれない男性ばかりに惹かれてしまいます。

彼女自身は、自分がこれまで結婚していないのは、ふさわしい男性が現れないからだと信じ込んでいます。

恋愛に対する自分の態度を直視することなく、すべては相手の男性がいけないと、決めつけているのです。

しかし、実際は、自分が餌食にされる相手ばかりを、“自分自身”が選んでいます。

それも、会った瞬間に、彼女自身も、2人の関係が予見できているのに、です。

 

例えば、あるラブ・ハンターの場合、男性との付き合いは、こんな具合に始まります。

 

ある組織の懇親会で、ラブ・ハンターは、1人の男性に出会い、ひとしきり話が盛り上がった後、男性は別のテーブルへ移動し、しばらくの間、その姿を見失います。

後になって、もう一度男性を見つけたラブ・ハンターは、「今度、またどこかで会いませんか?」と自分から誘います。

すると、相手は、「いいですよ」と答えて、彼女の名刺を持っていきました。

 

――ラブ・ハンター自身が認識しているかどうかにかかわらず、この時点で、この先2人の関係がどう展開していくかは、見えています。

それは、「女が男の後を追いかけ、男は彼女を拒否し、そして女はますます追いかける」といった図式です。

 

このような流れの場合、普通なら、この男性が、多少なりとも失礼で、侮辱的な態度であると感じるはずです。

ところが、ラブ・ハンターは、これを拒否とは受け取らず、かえって好奇心をそそられ、心が燃えてきて、挑戦してみたくなるのです。

あるいは、その男に、腕にアザが残るほど、力ずくで引き寄せられてみたいとか、無理やりキスされてみたいなどと思ってしまいます。

しかし、男性のほうでは、それを鋭く見抜いています。

【あなたの結婚】
親密な人間関係が怖い

つれない態度の男性を追いかけるラブ・ハンターは、どういうわけか、自分を愛してくれる男性や、本当に思いやりを持って接してくれる男性には、見向きもしません。

むしろ、そういう素敵な男性達に対しては、残酷な態度をとってしまうでしょう。ちょうど、自分が追いかけている男性にされるように。

 

彼女は、1つの恋愛が続いている間、常にゾッコン状態です。

そのため、彼の行動に不満を感じ、怒りを感じると、自分自身が嫌になります。

「どこか私にいけないところがあるのね、 そうじゃなければ、彼はもっとこちらを向いてくれるはず……」 と考えるのです。

 

そんな彼女は、絵に描いた餅を掴もうとするかのように、いつかは彼のことをモノにできると、心から信じ込んでいます。

しかし、彼女は、“不幸な恋愛を招き寄せている自分の心理”を顧みようとはしません。

絶えず、「私は心優しいの!」、「私はいい女よ!」というシグナルを発していますが、それは、その男が彼女のものとならない限りは、確かにその通りなのです。

(実際、ラブ・ハンターは、美しく魅力的な女性です。)

 

もし、奇跡が起こり、彼が本当に手に入りそうになったら、彼女は、たちまち逃げ出すでしょう。

逆に、いつまでも手に入らなければ、彼女は、余計に躍起になり、彼もまた、それに比例して、逃げ腰で拒絶的になっていくでしょう。

 

……何と、皮肉で、自虐的な恋愛でしょうか。

こういう場合の男性側の心理を分析してみると、彼は彼で、自分の自治区を守ろうと必死になっているのです。

「女は、所有欲が強く、あれこれと要求がましく、男を罠にはめようと手ぐすね引いているのだ」と思いながら、彼女の行動に反応しているのです。

 

ところで、こんな2人が、実際に結婚したらどうなるでしょうか?

それもありうることですが、紙切れ1枚の結婚証明書が、2人の関係の本質を変えるわけはありません。

夫は、常に妻から逃げ腰で、侮辱したような態度を取り、なるべく家にいないようにします。

妻は妻で、常に惨めな思いで暮らし、夫を憎み続けることになるでしょう。

 

しかし、実は、この2人は、感情面では同じコインの裏表なのです。

妻(女性)のほうは、意識の上では、緊密な人間関係を欲していますが 、意識下ではそれを恐れています。

一方、夫(男性)のほうは、意識の上では、緊密な関係などゴメンだと思いながら、意識下ではそれを求めているのです。

 

つまり、2人は、極めてうまくいきます。互いの心理を補完し合っているわけですから。

そう、2人は、同じものに反対のコーナーからアプローチしているのです。

それは、愛に対する恐れ、あるいは、愛に対する臆病さとでも言ったらいいかも知れません。

にも関わらず、恋が終われば、ラブ・ハンターは、暗く辛い絶望のどん底へと落ちて行くのです……。

【あなたの隠れた心理】
愛を受け入れるのが下手な原因は……

母親の死や、病気、あるいは、下に子供が生まれるなどによって、母親との緊密な関係が断たれたり、あるいは、感情的に母親から離れてしまった女性が、このラブ・ハンターになることが多いです。

母親ではなく、父親がそうだった場合もあります。

 

いずれにしろ、このラブ・ハンタータイプは、幼い頃から、自分は見捨てられたものと感じ、その孤独感がパーソナリティーの基本を形成している女性です。

 

そういう女性は、愛を受け入れることが下手で、自分のものにはなりえない男性ばかりについ惹かれてしまいます。

心の底に、「人と上手くやっていけないのではないか?」という恐れがあるため、無意識のうちに、自分が望んでいる人との触れ合いを避けてしまいます。

 

また、人間関係があまり親密になると、自分を見失ってしまうのではないかと思っておののきます。

心の底では、自分をダメな人間だと思い込んでいるため、相手が至近距離に来ると、自分の正体がバレてしまうと恐れてしまうのです。

【あなたがより幸せになるには】
素朴で親切な男性に目を向ける

もしあなたが、自分もこの報われないラブ・ハンター型の恋愛をしていると思い当たったなら、次の2つの問いに答えてみるといいでしょう。

 

①最近あなたが付き合った、あるいは、好意を持った“4人”の男性との関係はどんなだったでしょうか?

→4人中3人以上との関係で、「1人が追いかければ、1人が引く」といった具合だったなら、あなたはラブ・ハンターでしょう。

 

②今までの人生で、あなたが一番熱を上げた男性、はどんな人だったでしょうか?

→もし、人生で最も激しく心を揺さぶられた男性が、結婚できない相手、あるいは、どうしようもない男だった(しかも、もっと親切な別の男性が身近にいたのに関心を持とうとしなかった)なら、あなたは間違いなくラブ・ハンターでしょう。

 

……もし、あなたが、このラブ・ハンターであったとしても、自分の恋愛パターンに気づき、それが問題なのだと気付くことができたなら、もう半分は変わったも同じです。

 

次は、まず、あなたの目を、彼から少し逸らせてみましょう。

相手の男性についてあれこれ考えるエネルギーを、自分に向けてみるのです。

「どうしたら彼に愛してもらえるんだろう?」と悩むより、「どうして私は、彼に惹きつけられるんだろう?」と考えてみるのです。

顔が好みだからでしょうか、セクシーだからでしょうか、いいえ、そんなことはないはずです。

だって、あなたの友達はみんな不思議がっているのです。

「彼女は、どうして、あんな変な男が好きなのかな?」と。

 

彼の何が、あなたをそんなに夢中にさせるのでしょうか?

あなたは彼を、本当に愛しているでしょうか?

彼は、決して自分のものになる男ではないからこそ、あなたは愛しているのではないでしょうか?

 

あなたにとっての究極的な問題は、「なぜ、真の親密さを恐れるのか?」ということです。

そして、その答えは、おそらく、あなたの生い立ちにあります。

 

人と親密になることを恐れる原因を、過去にさかのぼって探り出すことは、難しいかも知れません。

しかし、とにかく、その事実を認めることです。

それこそが、あなたを不幸な恋愛にとどまらさせ、本当に素敵な関係から遠ざけてしまう原因なのですから。

 

もし、あなたが今、不実な男性と付き合っているなら、「もう会いたくない!」と、はっきり宣言してやりましょう。

相手はびっくりして、今度は、向こうから追いかけてくるでしょうが、もうそれに惑わされてはいけません。

また、同じことの繰り返しなのですから。

彼がどんなに連絡してきても、「もう終わったの」ときっぱり言うべきです。

 

また、もし、あなたが今、相手を探しているなら、「自分は逃げ腰の男に弱い」ということを、しっかり肝に銘じておきましょう。

初めからあなたが追いかける形になったら、危険信号です。

彼が付き合って早々に侮辱的な態度を取ったり、人を弄ぶような態度を取ったりしても、やはり要注意です。

 

そして、もし、あなたの目の前に、自分にふさわしいかも知れない男性が現れたら、退屈だとか、面白くないと、彼を追いやってしまう前に、どうして彼があなたにとって魅力的でないか?を、もう1度よく考えてみることです。

単に、それは、彼が自分に追いかける苦悩を与えてくれない、というだけではないでしょうか?

そのように、不当に扱われている素敵な男性達に、あなたは、チャンスをあげなくてはなりません。

 

男性を見る際は、過去に自分と関わった男性と比較せずに、まっさらな目で見るようにしましょう。

そうやって、本当に素敵で、あなたのものにできる男性を知っていくうちに、悩みの多い、報われない関係ではなく、充実した真の人間関係が手に入るはずです。

電話だから、占い師だから、話せることがある。

今や、20〜50代女性の、5人に1人は利用経験があると言われ、すっかり悩み解決のツールとしてポピュラーなものとなった、電話占い。

その中でも、筆者が特にオススメしたいのは、『電話占いヴェルニ』です。

ヴェルニは、

 

✔️15年以上の運営実績と、丁寧な電話サポート!

✔️実際に会いに行ける有名占い師に、電話鑑定してもらえる

✔️業界最難関の試験を突破した、1,000名超の占い師が在籍!

 

といった点で、非常に高い評価を受けている占いサービスです。

 

もしあなたが今、恋愛・復縁・仕事・人間関係などの問題で悩み続けているのなら、これ以上無駄な時間を過ごさず、ぜひ、ヴェルニのプロ占い師へ相談してみましょう。

なお当サイトからの新規登録なら、特別に1回限定で、最大6日先までの予約が可能な「占い師予約優先サービス」もついてきます。