これが女の不倫の苦しみの正体!女はいつも孤立無縁……

男の不倫と比べて、女の不倫はリスクが大きく、その苦しみや不安の大きさは計り知れません。

しかし、夫では満たされない部分を、愛人によって埋めている妻は多いはず。

それでも、なかなかやめられないのはなぜか?

そしてそこには、どんな葛藤があるのでしょうか?

ここでは、

女の不倫の苦しみの正体

について解説します。

女は不倫を誰にも知られたくない

世の妻たちは、不倫に対して、重い罪の意識を持っています。

 

反対に、男のほうは……と言うと、

「不倫は男の甲斐性」とばかりに、開き直っているが現実なのではないでしょうか?

もちろん、女性の中にも、不倫に対して、それほど罪の意識を感じていない人もいますが、

その場合、

夫に対してどれくらい強い不満を抱いているか?

が影響しています。

 

例えば、夫が、

・ひどく自分を罵る
・しょっちゅう暴力を振るう
・ほったらかしで少しもかえりみてくれない

といった場合には、夫を裏切ることへの良心の呵責も多少は揺らぐことでしょう。

→男の不倫と女の不倫の違い

また、不倫をする男には、強い味方がたくさんいます。

妻への裏切りを「こんなもの、男の本能だから」と一言で割り切る彼らは、お互いの浮気をまるで武勇伝のように語り、隠そうともしない人すらいます。

(イメージ商売でもある芸能人や有名人ともなると、ちょっと事情が違ってきますが。)

 

それに比べて、

不倫に堕ちた妻たちは、孤立無援です。

男と違い、愛人の存在をひけらかすなど、とんでもないこと。

不倫の事実が表沙汰となって、周囲の冷たい視線にさらされることを、彼女たちはひたすら恐れています。

たとえ、やむにやまれぬ事情があったにせよ、不倫を犯した妻に味方する者はいません。同性である女までが、彼女たちにきつい非難の声を浴びせます。

 

何より、女性自身が重い罪の意識を抱いているため、妻たちは自分を恥じ、不倫を隠そうとします。

その結果、彼女たちは、誰にも悩みを打ち明けることができずに、孤独の中でのたうち回るしかないのです。

→いずれにせよ不倫男との結婚は幸せにはなれない?

女が「ひとりの男」にこだわる理由

なぜ、上のような仕組みになっているかというと、

そこには、

 

2人の男性を同時に愛せない「女の性(さが)」

 

が影響しています。

ここで、ある実験結果を一つ、ご紹介しましょう。

 

1986年にニューヨーク州立大学の心理学部で、ポルノ映画を使った実験が行われました。

まず、男女に同じポルノ映画を繰り返し見せ、その後に、新しい作品を2本立てで見せる……

といったものです。

 

同じ作品を何度も見るうちに興奮度が低くなっていくのは、男女共通でしたが、

新しい作品に接した時に、男女は大きく異なる反応を示しました。

2本立てのうち1本は、最初の作品と同じ男優が出演し、もう1本は、最初の作品とは別の男優が出演したものだったのですが、

男は、「新しい女性」に反応したのに対し、

女は、「馴染みのある男優(男性)」が画面に登場した時に興奮を示したのです。

 

(※ちなみに、人間に限らず、サルやラットなどの動物実験においても、多くのメスが、以前に交尾したことのあるオスを好むことが分かっています。)

→浮気しない男は本当にいるのか?

こうした性の違いは、「種の保存」のために与えられた本能であると考えられます。

 

その昔、男性は、“1人でも多く子をもうけるため”に、複数の女性と交わる必要がありました。

 

一方、子をはらんだ女性は、それから9ヶ月の間、男性との交わりを断たねばなりません。

 

また、生まれてくる子供の父親がハッキリしなくては、その男性に、自分たち母子を守ってもらうことができませんでした。

 

このように、女の中に眠る「太古の血」が、たとえ不倫とはいえ、男性と関係を持つと、その相手に対し、“強い絆”を求めるようにさせているのでしょう。

→女の不倫は肉体関係がなくても大丈夫?

「家庭の安定」と「不倫のスリル」を求めているのは男女とも同じ

しかしながら、

妻たちが不倫相手に強い絆を求める気持ちは、即、結婚願望に結びつくわけではなさそうです。

 

アメリカのある雑誌が不倫妻に対して行った調査では、「叶うことなら相手と結婚したい」と答えたのは、わずか13%であったようです。

 

ただし、「分からない」との回答が32%もあったことから、2人の男性の間を行きつ戻りつしている彼女たちの“心の揺れ”を示していると言えるでしょう。

→堂々と不倫を楽しむ女たち

……こうして見ていくと、

男女間で、動機も、執着の仕方も違うとは言え、

 

「家庭の安定」と「不倫のスリル」の両方を求めているのは、男女とも同じ

 

と言えます。

→不倫の恋は全て錯覚?!

 

女性の社会進出もめざましく、自立できる経済力を手にしている女性も多い現代では、

徐々に不倫に対する固定観念も変わってきつつあるのかも知れません……

→不倫するならその一方で“自分磨き”を忘れずに

 

他にもこんな記事があります