自分に合った占い師はどう見分け、どう選ぶ?そのポイントを解説!

いざ、電話占いを利用してみようと思った時、多くの人が、

「どんな占い師を選ぶか?」

というところで迷ってしまうと思います。

ここでは、自分に合った占い師の選び方を紹介します。

あなたの直感(心)を信じること!

このサイトで再三述べていることは、

 

占いは、当ててもらうことが重要なのではない

 

ということです。

 

加えて、

 

人気占い師であることと、“いい占い師”であることとは別である

 

といったことも、お伝えしてきました。

 

……では、どんな占い師に占ってもらえばよいのか?

 

答えはすでに出ています。

「あなたに合った占い師」です。

 

そしてそれは、

「今のあなたを元気にしてくれる占い師」です。

 

そんな占い師は、あなたの心」が勝手に選んでくれます。

 

電話占いサイトを見て、占い師の名前、顔、占い方法などを一つひとつ見ていきましょう。

 

全ては“縁”です。

 

あなたが「占いを受けたい」と思ったその日、その時間に、その占い師の都合が空いていることもまた“縁”です。

 

「たくさんの占い師が所属していて、全ての占い師を見ることができない……」

という場合でも、あなたの目に飛び込んでくるのが、あなたと“縁”のあった占い師です。

 

「この人かなぁ……」と思ったら、その直感を信じてください。その人に間違いありません。

人の「直感」と、「波動」は、常に連動しています。

→「波動」に関する基礎知識はこちら

 

(心理テストでも、深く考えずに即答したほうが本心が表れやすいとされていますよね、あれと非常に近いです。)

他人からのオススメは不要!

まだ、いまいちモヤモヤが晴れない人のために、もうひと押し説明しましょう。

 

例えば、あなたの友人が、

 

「ここのサイトの、〜〜というの占い師さん、すごくよかったよ。あなたもやってみれば?」

 

と言ってきたとします。

 

あなたは喜んでそれに従いますか?

(その友人との関係性にもよるでしょうか?)

 

こうした友人が、このようなことを言う心理の仕組みは、実は、「宗教の勧誘」と非常に似ています。

自分自身の感性から得た「自分の感想」に、本当の意味で自信を持てる人というのは、案外少ないものです。

宗教の勧誘とは、以下のような心理構造です。

 

〈この教え、確かに私はいいと思った。でも、本当にいいものなのかしら……?〉
⬇︎
〈○○ちゃんに勧めてみよう。○○ちゃんもいいと思ってくれたら、私の感想は間違ってなかったってことになるはず……〉
⬇︎
「ねぇ○○ちゃん、これ一緒にやってみない?すごくいいよ」
⬇︎
(友人が入信してくれた)
⬇︎
〈ああ、やっぱり、私の考えや感想は“間違ってなかったんだ……〉
※ちなみにこの勧誘は、自分の不安が続く限り、永遠に続きます。

 

人は、自分の判断に自信を持てない時に、誰かの後押しに頼るのですね。

宗教の勧誘に限らず、最近よく見られる、SNSなどで、自分のよいと思ったものをたくさんの人に勧めたがる心理も、これと同じ構造です。

こうしたことによって、人は、「自己承認欲求」を満たそうとするのです。

 

ですから、

占い師を決めるにあたっても、「誰かからのオススメが欲しい」などとは、思わないほうがよいです。

(相手の承認欲求に付き合わされるだけだったりします。)

 

第一、占いは、個人対個人ですからね。

人は千差万別、相性も人それぞれです。

決めるところから“あなたの成長”が始まる

当然、占いを欲している人は、当然、何かの決断・判断に迷っていることが多いはず。

しかし、そんなあなたでも、自分が占ってもらう占い師くらいは、ピシッと決めなくてはいけません。

 

どの占い師に占ってもらうかをピシッと決めることで、ひとつ、あなたの中に成長があります。

 

そして占いが始まったら、そこでもらった言葉をどう受け取り、どう生かすかも、あなた次第。

 

常に、自分が“主人公”であることを忘れないでください。

 

今は悩み、苦しみ、辛いお気持ちであることはお察しします。

でも、占い師を選ぶところから、あなたは少しずつ、その暗闇から脱出を始めることになるのです。

→“運命の人”は見た目と声で見抜く!

自分に合う占い師の探求なら“はしご”もアリ

占いに依存してはいけません。それは当然のことです。

しかしながら、個人的意見を言えば、

占いのはしごは、悪いこととは思いません。

 

例えば、アメリカでは、自分のお気に入りの「セラピスト」を持って、定期的に、自分がどう生きているかを客観的に見てもらう文化があります。

 

日本文化の下では、「サイコセラピスト」より、「占い師」が身近な存在です。

ですから、

 

「この占い師と話すと、いつも自分のことを客観的に見直すことができて、自分の本心がどこにあるかがよく分かるなぁ」

 

というような、長いお付き合いができる占い師に出会うまで、何度か占い師を変えて試してみるのも悪くないと思います。

前述のように、どうしても人と人は“相性”がありますから、

 

自分にとって、言われた言葉を受け止めやすい占い師

 

を見つけたいという、確固とした意思があるのであれば、それは、“依存”ではなく、“探求”ですからね。

 

(しかしその一方で、言葉の受け止め方にも、テクニックや心構えが必要なことを忘れないでください。)

→占いの正しい聞き方

「幸せそうだなぁ」と思える占い師を選ぼう

人それぞれ、心地よい声というのは、違います。

(特徴の強い声であっても、その人にとって懐かしい人の声に似ていれば、逆に癒される、ということもあります。)

 

また、怒られるのが好きという人もいれば、とにかく自分のことを肯定して欲しいという人もいます。

 

占い師はある程度、プロとして、あなたが望むような言葉をかかけてくれますが、やはり、“個性”というのはあるものです。

 

もし、占いのはしごをしても、どの占い師が自分に合うか分からない場合には、

占い師の方に、“占い師自身のこと(人生の歩みや、身の回りのこと、人間関係など)”を、少し聞いてみるのもいいでしょう。

そして、自分から見て、

幸せそうに見える(感じる)占い師を選びましょう。

 

占い師とて、自分が地に足つけて、幸せでない限りは、他人の幸せを説く権利はありませんからね。

→いい占い師と悪い占い師の違い

 

追記:占い師のタイプ

「占い師のタイプ」を細かく分類するとキリがないのですが、ごく大雑把に2つに分けると、

 

●ズバッと叱ってくれるタイプ(辛口)
と、
●ひたすらなだめ、寄り添ってくれるタイプ(甘口)

 

に分かれるでしょうか。

 

もちろん、一人の占い師の中にも両方の特性が入っていて、ケースバイケースなのですが、

はっきり申し上げると、相談者側が2つに分かれると思います。

 

それは、

叱って欲しいタイプ(辛口が好きなタイプ)
と、
あまり叱られたくないタイプ(甘口が好きなタイプ)

 

です。

 

他、観点としては、

 

・異性には話せない悩みなのか?
・(逆に、)異性の意見を聞きたい悩みなのか?

 

・人生経験豊かな人の意見を聞きたいのか?
・(逆に、)現代的な若い感覚の意見を聞きたいのか?

 

といったところがあります。

ですから、占い師のタイプを見分けようとする前に、まずは、

 

「今の自分は、どんな占い師と話をしたいか?」

 

を見つめ直してみるとよいです。

 

いずれにせよ、占い師は皆プロなので、占い師選びに、あまり慎重になり過ぎる必要はありません。

 

繰り返しとなりますが、

“縁”を大事に、

そして、あなたの“直感”を信じてください。

→占いを受ける前にはこんな準備を!

おすすめの記事